中東のソーラービジネス

中東のソーラービジネスが熱い。 日経ビジネスオンライン(2012年6月29日(金...

スポンサードリンク

中東のソーラービジネス

中東のソーラービジネスが熱い。
日経ビジネスオンライン(2012年6月29日(金))によると、
湾岸諸国では、ソーラーインパルスという
太陽光発電航空機が、成功を収めているという。

2012年6月11日、スペインから対岸の北アフリカ・モロッコまで
ジブラルタル海峡を越えて
約19時間かけた飛行が成功を収めているとか。

思うに、地上でも一年のうちほとんどが雨も降らない
灼熱の国。
しかも砂漠が大半を占め、緑に色づいた土地が少ないことから
太陽光発電に最も適した地域ではないかと考える。

石油の収入により、潤沢な資産を持つ国が多いので
もし自分がアラビアの富豪ならば、
迷わず太陽光発電事業に参入するだろう。

ドーム型のスキー場を造り、屋根にソーラーパネルを
張り巡らす。
室内はスキー場に適した温度に保ち、
そのエネルギーは屋根に貼った太陽光パネルから
得られた電力を使用。

これでもスキー場運営には十分なエネルギーが確保できるだろう。

中東の方々にとってスキーや雪はほとんど見られない
珍しいもの。人気が高まると思われる。

そして広大な砂漠。
昼は50度以上もざらなアラビア半島の湾岸諸国。
その上に太陽光パネルを敷き詰め、得られた電力を売電する。
これが可能ならかなり大きなビジネスになるような気がする。

はたしてどこまで可能であろうか?
すでに着手しているとは思うが、 こんな法人用の太陽光発電で見積もりを
取る企業が続出すると思うのだが。。

法人用 太陽光発電 見積もり

中東のソーラービジネス の詳しくはこちら

スポンサードリンク

ニュースが気になる!WEBパパラッチャーの新着記事

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint