体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

体系的には肥満というほどでもない人でも、メタボに近いと言われることがあるといいま...

スポンサードリンク

体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い

体系的には肥満というほどでもない人でも、メタボに近いと言われることがあるといいます。身長に対して体重が多いことを肥満と言いますが、肥満の人のことをメタボと呼んでいるわけではありません。

体重を身長の2乗で割った数値のことをBMIと言い、BMIが25以上、腹囲85センチ以上、女性は90センチ以上の場合を肥満と定義しています。肥満、イコール、メタボという認識を持つ人もいますが、メタボと、肥満は別ものです。メタボリックシンドロームは別名、内臓脂肪症候群とも呼ばれており、将来、重篤な病気になるリスクが高まることから、早めの対策を取る必要があります。心筋梗塞や、脳の血管疾患、高血圧や、高血糖といったトラブルが、メタボリックシンドロームによって将来的に起きやすくなることが、対策が必要となる理由です。血圧、血糖、血中の脂質が高すぎることと、内臓脂肪型肥満であることの2つの条件を満たすと、晴れてメタボと見なされます。肥満には内臓脂肪型と皮下脂肪型があり、皮下脂肪型であればBMIが25を超えていてもメタボとは言いません。もちろん皮下脂肪型の肥満であっても、高血糖や高血圧症の原因になりますので、改善が必要です。医療の観点からメタボ治療が必要なのは、動脈硬化の症状がこれ以上悪くならないようにというものです。そのために、適度な運動と、食生活の見直しで、身体カロリーの消費を促すことが必要です。日本で国全体によるメタボ対策に乗り出した理由としては、健康促進と同時に医療費の増加抑制という狙いもあります。必要に応じてメタボを解消し、年をとっても健康的でいるために、40歳以上の人が受けられる健康診断を利用してください。

▽次の記事、前の記事

運動で痩せる方法について | 体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

スポンサードリンク

ニュースが気になる!WEBパパラッチャー:新着記事

ウェブマスター提携サイト
ウェブマスター提携サイト 失敗しようがない社内恋愛アプローチ術(無料レポートプレ...
健康な体質づくりと美容は毎日の基本
DHAや、EPAを効率的に補給して血液のドロドロを解消するために、サプリメントを...
不眠症に悩んでいる人に利用されているメラトニンのサプリメント
毎日ぐっすりと眠れるように、眠れない人はメラトニンのサプリメントを利用しています...
セラミドによる乾燥肌対策にはサプリメントがおすすめ
かさかさの乾燥した肌で困っているという人は、セラミドサプリメントがお勧めです。肌...
活性酸素が気になる人は抗酸化作用のあるサプリメントがおすすめ
老化現象は美容を損ねる深刻な問題ですが、人の体はなぜ老化するのでしょう。人間が...
整形手術は女性が美しくなれる方法
外見をよりよくするために整形手術を受けることは、女性にとって価値があります。自...
整形手術を受けるときに注意すべき点
十分に検討をした上で、整形手術をするかどうかを決めることが大事です。自分の顔にコ...
整形手術を受ける人が増えている
人は誰でも容姿にコンプレックスを抱えているもので、整形手術に興味をもつ人は多いで...
抜け毛を予防する為に自分でするべきこととは
抜け毛が増えて、何年か後には髪が薄くなっていそうだと思うと、育毛剤を利用して髪を...
気になる抜け毛の効果的な対策について
男女を問わず、抜け毛の量に悩んでいる方は多いと思います。抜け毛対策に有効な方法は...

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint