体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

内臓型肥満の体型で、高血圧か高血糖か高脂血症のどれか2種類に当てはまると、メタボ...

スポンサードリンク

体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

内臓型肥満の体型で、高血圧か高血糖か高脂血症のどれか2種類に当てはまると、メタボリックシンドローム、略してメタボと呼ばれる状態になります。内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群といった症状を、わかりやすくまとめた考え方となります。

メタボリックシンドロームの基準は様々なものがあり、日本の基準は海外の基準とは違ったものになります。体脂肪が内臓に多く蓄積されていると、高血糖や、高血圧などの身体疾患が発症しやすいことから、肥満解消の必要性が示唆されています。血糖値や、血圧を適正に保つことが健康維持の上では重要であることは、高血糖や、高血圧は、将来的に動脈硬化になりやすくなることからもわかります。重篤な病気になってしまうリスクを事前に把握しようという試みにから、メタボの診断基準が考えらたのです。最近は、必ずしも太っているとは言い切れないような人でも内臓型肥満になっていたり、メタボだと診断されることもあります。内臓型肥満はメタボ診断の根拠の1つになりますが、この他には、空腹時血糖や、中性脂肪を計ることも必要とされています。女性は腹囲90p以上、男性は腹囲85p以上であることが、メタボリックシンドロームの条件となっています。腹囲が、メタボの要件をクリアしていても、体重の重さ自体は突出した数字ではないという人もいますので、メタボは太っているとは一概には言い切れません。もしもメタボリックシンドロームだと言われたら、今後も健康で生きていくためには、メタボを解消していかなければなりません。動脈硬化の発生を予防するための脂肪蓄積の進行防止や解消を目的として、摂取カロリーを適正化する食事療法や脂肪燃焼のための運動療法を行うことをおすすめします。

▽次の記事、前の記事

体重だけでは判断できないメタボと肥満の違い | 体重を減らしてメタボを改善するには

スポンサードリンク

ニュースが気になる!WEBパパラッチャー:新着記事

ウェブマスター提携サイト
ウェブマスター提携サイト 失敗しようがない社内恋愛アプローチ術(無料レポートプレ...
健康な体質づくりと美容は毎日の基本
DHAや、EPAを効率的に補給して血液のドロドロを解消するために、サプリメントを...
不眠症に悩んでいる人に利用されているメラトニンのサプリメント
毎日ぐっすりと眠れるように、眠れない人はメラトニンのサプリメントを利用しています...
セラミドによる乾燥肌対策にはサプリメントがおすすめ
かさかさの乾燥した肌で困っているという人は、セラミドサプリメントがお勧めです。肌...
活性酸素が気になる人は抗酸化作用のあるサプリメントがおすすめ
老化現象は美容を損ねる深刻な問題ですが、人の体はなぜ老化するのでしょう。人間が...
整形手術は女性が美しくなれる方法
外見をよりよくするために整形手術を受けることは、女性にとって価値があります。自...
整形手術を受けるときに注意すべき点
十分に検討をした上で、整形手術をするかどうかを決めることが大事です。自分の顔にコ...
整形手術を受ける人が増えている
人は誰でも容姿にコンプレックスを抱えているもので、整形手術に興味をもつ人は多いで...
抜け毛を予防する為に自分でするべきこととは
抜け毛が増えて、何年か後には髪が薄くなっていそうだと思うと、育毛剤を利用して髪を...
気になる抜け毛の効果的な対策について
男女を問わず、抜け毛の量に悩んでいる方は多いと思います。抜け毛対策に有効な方法は...

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint