インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。治療...

スポンサードリンク

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。歯科医選びに全力を尽くすことがインプラント治療の結果を左右するのです。喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。どんな問題がインプラント治療にあるかを聞いたことがあると思います。その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療にかなりの危険が伴います。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けるということも考えていきましょう。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。できるだけ幅広く情報収集するしかありません。インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。これは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が物を言うといわれています。それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、アゴの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることを忘れないでください。人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならインプラント治療をすすめようとすると保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。顎(あご)の骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。しかし、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるかもしれません。入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。あくまでも見た目、もしくは使った感じを求められるなら、何といってもインプラントです。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化する危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。諫早市でインプラントならふじた歯科医院

▽次の記事、前の記事

インプラント治療を始めるとき負担に感じる | 調査依頼するとき発生する実際の具体的な料金・費用を確認したいのですが…。

スポンサードリンク

ニュースが気になる!WEBパパラッチャー:新着記事

ウェブマスター提携サイト
ウェブマスター提携サイト 失敗しようがない社内恋愛アプローチ術(無料レポートプレ...
健康な体質づくりと美容は毎日の基本
DHAや、EPAを効率的に補給して血液のドロドロを解消するために、サプリメントを...
不眠症に悩んでいる人に利用されているメラトニンのサプリメント
毎日ぐっすりと眠れるように、眠れない人はメラトニンのサプリメントを利用しています...
セラミドによる乾燥肌対策にはサプリメントがおすすめ
かさかさの乾燥した肌で困っているという人は、セラミドサプリメントがお勧めです。肌...
活性酸素が気になる人は抗酸化作用のあるサプリメントがおすすめ
老化現象は美容を損ねる深刻な問題ですが、人の体はなぜ老化するのでしょう。人間が...
整形手術は女性が美しくなれる方法
外見をよりよくするために整形手術を受けることは、女性にとって価値があります。自...
整形手術を受けるときに注意すべき点
十分に検討をした上で、整形手術をするかどうかを決めることが大事です。自分の顔にコ...
整形手術を受ける人が増えている
人は誰でも容姿にコンプレックスを抱えているもので、整形手術に興味をもつ人は多いで...
抜け毛を予防する為に自分でするべきこととは
抜け毛が増えて、何年か後には髪が薄くなっていそうだと思うと、育毛剤を利用して髪を...
気になる抜け毛の効果的な対策について
男女を問わず、抜け毛の量に悩んでいる方は多いと思います。抜け毛対策に有効な方法は...

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS! Lint